西式金魚運動

金魚運動の効果

  • 背骨の左右の歪みを治し、脊髄神経に対する圧迫や末梢神経の麻痺を防ぎ、全身の神経機能を整える。
  • 腸の蠕動運動を促進し、便秘解消、また、腸の歪みを矯正する 。

金魚運動のやりかた

1.平らな床の上にあおむけになります。
2.手足を投げ出して、全身をリラックスさせます
3.首(頭ではない)の後ろで両手を組みます。このとき胸を張ってひじは左右に開き、両ひじと後頭部は床につけます。
4.両脚を伸ばして親指をぴったりつけ足先は立て、アキレス腱が伸びるようにします。                          5. 金魚が泳ぐように全身を小刻みにゆする。

この時、肘とかかとを張るようにして、細かく揺するのがこつです。 むりに大きく「く」の字に曲げようとする必要はありません。
(腰は支点になり、ほとんど動きません。 )足を浮かせて腹筋を使う必要もないです。脱力して小刻みに揺らしてください。

朝夕1分ほどやるといいです。

※腰の悪い方はやらないでください。腰が悪い方は、膝立て金魚(あおむけで両膝を立ててゆっくり左右にたおす)がおすすめです西

正直金魚運動はあまりスムーズに動けないため、わたしは膝立て金魚を行っています。簡単で気持ちいいです。


築地の女性専門整体院健生の詳細、ご予約はホームページでお願いします