ヨーガの動画紹介②

今回は座った状態での基本呼吸法についての動画です。少しずつでも、ご自分の呼吸に意識できるようになれば、いらいらした時や、疲れたとき自分をコントロールするのに役立つと思います。

動画の説明。

 この呼吸の仕方は、アーサナを行う際に必須となる呼吸となります。
 また、呼吸法の基本として、これだけでも身心をリラックスさせ、心を落ち着けてくれるのにとても効果的です。 先にアップした「呼吸の基本 四つの呼吸」は寝て行いましたが、それができれば、本来の座での呼吸法の練習になります。 寝て行ったお腹の動きの感覚を座ってもできるようにしていきます。
 また、今回は「息を出し切る」という新たな仕方が加わります。「息を出し切る」ことで、体内の気を全部新しく入れ替えることができます「深い呼吸」が入息側の「極」、「出し切る」が出息側の「極」となり、両方を深めていくことで、呼吸のダイナミック・レンジ、つまりは呼吸力がついていきます。 「静かな呼吸」、「軽い呼吸」、「深い呼吸」は同様に行ってください。そして、「各自の呼吸」が終わった後の、呼吸の充足感をしっかりと味わってください。それが、そのまま瞑想への入り口となります。

 ポイント : 呼吸法の原則として、考えないで、息の流れを感じとるようにしながら行うことが大切です。 出し切ったあとの入息は、お腹の緊張を徐々解くことで起こる自然な入息です。 特に雄弘ヨーガの呼吸では、吸う、吐くという表現は使いません。入息には意図的に入息する(入れる)場合と自然と入息する(入る)場合があるからです。出息も同様で、意図的に出息する(出す)場合と自然と出息する(出る)場合があります。 止息の場合も、意図的に止める(止める)場合と自然と止まる(止まる)場合があり、それぞれ、意味合いが異なるからです。 この辺をしっかり区別して感じて、呼吸の感性を深めてください。

基本呼吸法の場合の息の基本的順番は、入れるー出るー出すー入るー入れるとなっています。
※お腹に満たす、胸に満たすという表現をしますが、これは呼吸の感覚的な表現です。「静かな呼吸」も「深い呼吸」もすべて胸、すなわち肺に入ります。腹式とは、お腹(横隔膜)を使って肺に入息する、という意味で、同様に胸式とは、胸(胸郭の開き)を使って肺に入息するという意味です。


築地の女性専門整体院健生の詳細、ご予約はホームページでお願いします

ヨーガで呼吸と身体を整えましょう

動画の紹介①

以前ご紹介した呼吸に重点を置くゆったりヨーガ、you tube にアップされていたのでご紹介します。

こちらの雄弘ヨーガは難しい体位はそれほどなく、呼吸の流れを大事に行うヨーガです。身体が固い方でも比較的行いやすいと思います。先生の号令に合わせてこきゅうに意識してヨーガをやっていると呼吸が深まり心が安定してきます。

「呼吸が深まり、心がリラックスする」、この点がストレッチとは違うところかなと思います。

動画の説明

雄弘ヨーガは呼吸と動作を流れるように一致させて行うのが特徴です。

そのため、呼吸の波号令で表現しながら指導するので、このような特徴的な号令となります(ここでは字幕と説明で示します)。 アーサナ自体はシンプルですが、カラダ硬くても柔らかくても、カラダの張り(テンション)を大切にしながら実践します。呼吸に合わさせて、緊張と弛緩の波に乗るように実践することが大切です。 「お家でできるヨーガ」として、活用してください。

この呼吸の仕方は、アーサナを行う際に必須となる呼吸となります。また、呼吸法の基本として、これだけでも身心をリラックスさせ、心を落ち着けてくれるのにとても効果的です。

①「静かな呼吸」は、腹式呼吸です。お腹のみを使って、たっぷりと丹田に気を満たす呼吸です。腹式呼吸がしっかりとできると、それだけで必要とする呼吸量の70%が賄える素晴らしいものです。横隔膜の動きと相まって、内臓の働きも良くなります。最初は、動画のように寝て行うことで、横隔膜をしっかりと動かすことができます。安らぎををもたらす副交感神経系の呼吸です。

②「軽い呼吸」では、「静かな呼吸」でお腹に息を満たした後、胸郭を軽く開きながら入息することによって、さらに呼吸量を増やすことができます。腹式呼吸だけでは味わえない、充足感を味わうことができます。胸を開く呼吸は交感神経系の活性感のある呼吸です。

③「深い呼吸」は、さらに、胸目一杯まで満たす呼吸の仕方です。極限まで胸式呼吸を鍛えることができます。胸郭の開きと呼吸機能の活性には、「深い呼吸」の練習が不可欠となります。

ポイントは、「軽い呼吸」でも「深い呼吸」でも、必ずお腹にたっぷり息を満たした後に胸に息を満たします。胸だけの呼吸ですと、呼吸量も浅く、交感神経が興奮してしまうので、身心ともにいい影響を与えません。必ず、お腹に息を満たした後で、胸に満たすようにします。 「深い呼吸」の後、「軽い呼吸」→「静かな呼吸」→「各自の呼吸」の順で呼吸を収束させていくことで、呼吸を欲する情動、心の動きが抑えられ、「各自の呼吸」の段階では、自ずと心の働きもなくなって、瞑想への入り口となります。 後にアップする、座って行う「基本呼吸法」の導入として、ここでは床に横たわって、呼吸の深まりを実感してください。

※お腹に満たす、胸に満たすという表現をしますが、これは呼吸の感覚的な表現です。「静かな呼吸」も「深い呼吸」もすべて胸、すなわち肺に入ります。腹式とは、お腹(横隔膜)を使って肺に入息する、という意味で、同様に胸式とは、胸(胸郭の開き)を使って肺に入息するという意味です。


築地の女性専門整体院健生の詳細、ご予約はホームページでお願いします

コロナ疲れを癒そう!期間限定キャンペーンのお知らせ

 新型コロナウイルスの流行から3か月、あれよあれよと生活リズムが変わり、心身ともにお疲れになった方も多いと思います。

 いつも以上に忙しくなった方、テレワークなどおうちでのお仕事に切り替わった方、3食お子さんやご家族に「ご飯まだ~」と催促され家事に追われた方など、三者三様に大変だったのではないかと思います。

 まだまだ完全に気を抜けるわけではありませんし、まったく元通りの生活にもどれるわけではないでしょうが、少しずつ日常に戻りたいものですね。

 そんなあなたのお疲れを吹き飛ばすべく、キャンペーンを実施したいと思います。

期限は6月30日(火)まで。時間は10:00~1700のタイムサービスになります

  • 1時間コース¥7.000⇒  ¥6,000
  • 2時間コース¥1,4000⇒ ¥12,000
  • 3時間コース¥20,000⇒ ¥17,000 

   (なお、出張は対象外となりますのでご了承ください)

その他、今回は特別にお腹整え足裏ヘッド・フェイスなど部分コースのみも40分¥3,500でお受けします。ぜひ、お試しください。

ご予約は、お電話か、ホームページの予約フォームよりお願いします。


築地の女性専門整体院健生の詳細、ご予約はホームページでお願いします