保存食作り~梅干し~

梅干しが身体にいいので、安心なものを手に入れたいと思い、数年前に初めて梅と塩だけで梅干しを作りました。うまく作れましたが、本物の梅干しは容赦なくすっぱくて、結局あまり食べられず、、、。冷蔵庫で大事に保存中です。

母は毎年、梅と塩だけでなく酢と砂糖を加えて梅を漬けるのですが、それはそんなに酸っぱくなくてとても食べやすいので、いつもおすそわけしてもらっていました。

そこで、今年はわたしも酢と砂糖も加えた食べやすい梅干しを作ることにしました。

梅1キロに対し、塩100g、砂糖100g、たぶん酢200mlぐらい(メモするのを忘れました泣)で、ジップロックでお手軽に作ってみました。

これだと、梅酢も酸っぱすぎず、水で薄めてスポーツドリンク代わりに飲めば、塩分、糖分、クエン酸が補給できるので熱中症予防にも効果的だと思います。

10日後ぐらいに赤紫蘇を追加しました。

塩もみした赤紫蘇投入
紫蘇追加後10日後

赤紫蘇には着色の意味もありますが、解毒作用、殺菌作用があり梅に加えることでさらに最強の健康食品になるそうです。

梅干しの効能としては、ピロリ菌の抑制作用、がん予防、抗菌作用、抗炎症作用、抗酸化作用、歯周病菌の抑制効果などがあり、免疫機能も強化してくれるそうです。

さすが、日本の伝統食は最強です!食べないともったいないと思います。ぜひ毎日一個の梅干しで健康に暮らしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です