夏バテ予防には塩分、ミネラルをしっかり取りましょう

涼しい梅雨が長らく続いていましたが、ここ数日急激に暑くなってきました。身体がついていけずだるさを感じたり、夏風邪をひいたり、体調不良になってしまった方も多いと思います。

夏を乗り切るには、水分補給はもちろんですが、塩分ミネラル、タンパク質も大切です。口当たりのいいそうめんなど炭水化物ばかり食べていたら、だいたい栄養不足になります。それでは元気も出ません。

毎日の食事からしっかり栄養を取るのが基本ですが、もう少し簡単に、でも速やかに塩分ミネラルなどを補給できる方法をふたつ紹介します。

①卵醤。

もうすでに夏バテで日常生活もままならない方におすすめです。一番劇的に速やかに、塩分、ミネラル、タンパク質を補給できます。

卵醤とは、、、。卵醤は、醤油に含まれる自然塩やミネラル類、有益な発酵体に加え、人体に必要な栄養素をほぼ全て含む完全食品である卵の素晴らしい栄養価を掛け合わせた奇跡の食べ物です。

卵醤は、ミトコンドリアが大好きな塩分やミネラルを圧倒的なスピードで補い、酸化された体をアルカリ体質に変えてくれます。

卵醤の作り方、飲み方。

生の有精卵の全卵1個(白いひも状のものも取り除かない)に、殻の片方になまなみいっぱいの自然海塩を使った自然醸造醤油を加えたものを、かき混ぜて飲みます。

1日1個を4日間続けたら、いったん中止します。1週間後1日1個で2~3日続けたら、また中止します。それ以降は週に1~2日程度にします。食前、食中、食後、食間いつ飲んでもよいです。

11歳の娘は、「生卵を飲むのは無理~」ということで、卵かけごはんに醤油を多めにかけて食べています。

初めて卵醤を取ったとき、自転車でのいつもののぼり坂でほとんど息切れしなくなりびっくりしました。その後も本当に疲れなくなりました。

その他、花粉症やアトピー、頭痛や筋肉のけいれんの緩和など、さまざまな効用があるそうです。低体温の方にもよさそうです。

卵醤についてや、塩の大切さについては、一倉定氏の『正食と人体』を参考にしました。

一倉定著「正食と人体」

わたしの健康バイブルです。白砂糖の毒性についても詳しく書かれています。まじめに減塩している方や、お子様がいる方に一読をお勧めします。

②甘酒

飲む点滴といわれるほど栄養価が高いですし、即効性が高いです。日本の伝統的な発酵飲料で、とても素晴らしい、スーパー栄養&美容ドリンクです。 夏バテ、疲労回復、便秘、美肌、美髪、ダイエット、睡眠改善などに効果があるといわれています。

甘酒には、大きくは2種類の作り方があります。

米麴を使って作るものと、酒粕を使って作るものがあります。

米麹甘酒の特長

ノンアルコールで、特に エネルギーの代謝をたすける働きのある ビタミンB群や、ミネラルが豊富です。砂糖を加えず自然の甘さで、おいしいです。

主な成分は、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、パントテン酸・ビオチンといった天然吸収ビタミンや、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどの必須アミノ酸、そしてブドウ糖などが含まれています。

上にあげた効果のうち、とくに夏バテ、疲労回復、美肌(肌荒れ)、美髪に効果が高いです。

酒粕甘酒の特長

こちらは、ダイエット効果、睡眠改善効果が高いです。

主な成分は、不溶性食物繊維、ビタミンB1、B2、B5、B6、たんぱく質、余分な油を排出するレジスタントプロテイン肌のシミを抑えたり潤いを与えるスフィンゴ資質などが入ってます。 酒粕には、深い睡眠を作ってくれるアデノシンという脳内物質を活性化する働きがあり、眠りが浅い人にも最適です。

また、酒粕には食物繊維が玄米の何倍も含まれています。

さらに、レジスタントプロテインも豊富に含まれており、小腸で油を吸着する性質があり、便が油を含んでやわらかく出しやすい状態にし、便通を改善するとされています。

体内の悪い油を排出し、便通が良くなるわけですから、肌のキメが細かくなり、肌が潤って水分量が明らかに増すそうです。

食物繊維と最近注目のレジスタントプロテインによる便秘解消のWパワーが、とにかく素晴らしいです。酒粕の一日の摂取量は一日に50g、それを水に溶いて即席甘酒状態にするだけでも全然結構です。

できれば加熱せずに溶くと、生菌は死なずに100%の酒粕をいただけます 。

酒粕のおすすめの食べ方

酒粕とドライフルーツとナッツのクリームディップ。

①酒粕を豆乳、本みりんなどでペースト状にして、そこにレーズンやドライイチジク、クルミやカシュナッツなどを混ぜて、一晩おく。

本来はクリームチーズを使用するみたいですが、酒粕でも濃厚で最高のつまみになります。クリームチーズと酒粕を半々のレシピもみかけました。甘みが足りなかったら、はちみつなどをくわえてもいいです。それこそ、米麹の濃縮甘酒などを加えれば、栄養的にはパワーアップかもしれません。

③その他

塩分ミネラル補給には、濃いめの味噌汁。塩分クエン酸補給に本物の梅干し。ミネラルビタミンCの補給にはちみつレモンもお勧めです。

もっと手軽なものとしては、水1リットルに対し天日塩5gほど入れて水分補給してもいいと思います。

正直市販のスポーツドリンクの糖分はあまりに多すぎると思います。しかも、ただの砂糖でも、身体に良くないですが、さいきん清涼飲料水などに添加されている「果糖ブドウ糖液糖」が、相当危険な物質です。飲んだ瞬間血糖値が跳ね上がり、糖尿病などの重大な病気に一気に近づきます。

こんなものをがぶ飲みしていたら身体にいいはずがありません。ぜひ天然のものを取り入れてほしいと思います。


築地の女性専門整体院健生の詳細、ご予約はホームページでお願いします

ミトコンドリアを増やす方法

前回の「健康のカギはミトコンドリア」に続いてもう少しミトコンドリア健康法について勉強したいと思います。

ミトコンドリアを増やす食べ物

タウリン・・・ 魚介類に含まれるアミノ酸の一種です。タウリンを摂取すると、交感神経の働きが抑えられて血圧が下がり、血管に脂肪がつきにくくなります。いか、たこ、貝類、魚の血合いなどに多く含まれます。

タウリンは筋肉、心臓や肝臓などの臓器、脳、目の網膜などに高い濃度で含まれており、体内の中でも特に筋肉には、タウリン量の約70%が含まれています。
そして、私たちの身体や細胞を正常な状態に戻そうとする働きがタウリンにはあります。 タウリンは 1番ミトコンドリアを増やす栄養素 です。

マグネシウム・・・体内でビタミンB群と一緒にエネルギー変換を助ける栄養素です。 マグネシウムは、ビタミンやミネラルなどの数百種類の補酵素の働きを高める能力があり、 様々な補酵素の司令塔と言える働きをしています。
ミトコンドリアがATPを作るために、最も重要な栄養素の1つなのです。


タウリンがミトコンドリアを増やし、マグネシウムがビタミンやミネラルの働きを高めて、ミトコンドリアのATP生産能力を高めます。

タウリンとマグネシウムのツートップが、ミトコンドリア活性化の要です。

その他にんにく、ニラ、ねぎ(アリシン)、トマト(リコピン)、梅干し、酢(クエン酸)や、ビタミンB1、ビタミンCも大切です。

ミトコンドリアのを増やす方法

日本医科大学教授太田成男著「体が若くなる技術」にミトコンドリアを増やして健康になる方法がくわしく記されています。気になる所をざっと要約してみます。

体力をつけるもっとも賢い方法は、エネルギー量(運動量)をふやす、つまり、ミトコンドリアの量を増やすことです。疲れるからと体を休めてばかりで運動量が減ると、ミトコンドリアの量が減りエネルギーの作れない老いた身体になってしまいます。

質の良いミトコンドリアは生きるためのエネルギーを作ってくれ、身体を若くする機能があります。

反対にその質が悪ければ活性酸素を作り出し、身体にさまざまな害をもたらします。その質の良し悪しは、生活習慣によって良くも悪くも変化し、それが老化のスピードを早くも遅くもするのです。

ミトコンドリアの量を増やせばエネルギーの生産効率も上がり活性酸素の発生を抑えることができます

ミトコンドリアを増やす方法は4つあります。

マグロトレーニング。  

ミトコンドリアは筋肉と神経の中に多くいます。とくに自分の意志で動かせる骨格筋をトレーニングすれば増やすことができます。そのとき、瞬発力の筋肉(白い筋肉)ではなく、持久力の筋肉(赤い筋肉)を鍛える運動をしなければいけません。

ミトコンドリアは白筋ではなく、赤筋に多く含まれます。回遊魚で常に泳ぎ回るまぐろのように持久力を付けるマグロトレーニングが有効なのです。

効率の良い有酸素運動は?

運動を始めて、体温が上がり汗ばんできたところで有酸素運動の状態に入ります。ですので、せっかく1時間ウォーキングをしても、汗ばんで有酸素運動の状態になるまで30分かかったとすると、30分の有酸素運動のために1時間かかって効率が悪いです。

最初に汗ばむほどの強めのストレッチやジョギングを入れてから30分歩くか、息が上がるくらいの小走りと、息が落ち着くくらいのウォーキングを交互にいれ、汗ばんで来たら30分歩くのが効率がいいです。

②姿勢を保つ

社交ダンスやバレエ、チアダンスやエアロビなど、背すじを伸ばすということが、ミトコンドリアを増やすために重要です。ミトコンドリアは筋肉の中でも姿勢を保つ筋肉、もっと具体的に言うと、「背筋」と「太ももの筋肉」にたくさん含まれています。

中腰でゆっくり動く日本舞踊や、いろいろなボーズを保つ太極拳やヨーガもミトコンドリアを増やす運動といえます。そしてなにより大切なのは、運動中の姿勢より、普段の生活の中での姿勢の美しさなのです。立っているときも、座っているときも、背すじをピンと伸ばすように意識することが大切です。「美しさ=健康=若さ」ということです。

③寒さを感じる

ミトコンドリアは「寒さ」を好みます。寒いところで寒さを感じると、体は「エネルギーが必要だ、ミトコンドリアを増やせ!」と命じます。剣道や柔道などの武芸の寒中稽古や、寒中水泳も運動後身体がポカポカしてきますが、これは、ミトコンドリアが活発化しているためです。寒いところで運動する以外では、サウナに入った後水風呂に入るのも効果的です。サウナだけに入るよりも、水風呂にも入ったほうが後からポカポカします。

「体が冷える」のは風邪の原因にもなるので注意しなければなりませんが、積極的に「身体を冷やす」のは、ミトコンドリアが増え、体が若くなる極意ともいえるのです。

私はいままで、寒がりなので、とにかく体を温めようという意識は強かったですが、積極的に寒さを感じようとすることは、あまりありませんでした。寒くてもがんばってウォーキングに行ったり、お風呂や陶板浴のあと、体に冷水をかける温冷浴をやってみようと思います。

④空腹を感じる

空腹感を感じると身体はもっとエネルギーを作らなければいけないと認識するため、ミトコンドリアを増やしてエネルギーを増やそうとするのです。カロリー制限よりも「空腹感を感じること」が、ミトコンドリアを増やすために最も重要です。

空腹感を感じるには、プチ断食がおすすめです。一番簡単なのは、朝食を抜いて水分だけにする断食です。夕食を20時に摂り終って翌日の昼食まで空ければ、16時間ほど断食したことになります。これなら働きながらもできます。わたしもよくやりますが、体に負担もなくむしろ体が軽く動きやすいです。休日を使って1日断食もいいと思います。

ミトコンドリアを増やすには、いずれの方法も、体に「エネルギーが不足しているよ」というシグナルを与えることがポイントです。

もうひとつ、心にも「エネルギーが足りない」と感じさせることがたいせつです。あれをするぞ!これもしたい!と好奇心を持って人生を楽しむと体がエネルギーを作ろうとし、若くなるのです。どんなに運動や食事に気をつけても、心が後ろ向きだと体はエネルギーなんて必要ないと判断してしまいます


疲れた、寒いと言って、暖かい部屋でごろごろしながら、間食ばかりの生活ではだめということですね、、、。去年の9月から毎日40分歩こうと目標を立てていたのですが、2月ごろからさぼり気味でした。気持ちを新たに、これからは小走りも交えながら効率よく楽しく有酸素運動を続けていきたいと思います!また、早食いは活性酸素を増やすそうですので、ゆっくり食べるのを心掛けたいです。



築地の女性専門整体院健生の詳細、ご予約はホームページでお願いします

健康のカギはミトコンドリア

ミトコンドリアの役割はエネルギーの生産工場

60兆個(37兆個説もあり)の細胞の1つ1つにミトコンドリアは住み着いて、ATPエネルギー(アデノシン三リン酸)という「生きるために必要なエネルギー」を生産しています。

ミトコンドリアによるエネルギー生産に欠かせない材料が、呼吸から得られる酸素と、食べ物から得らる栄養素です。

ミトコンドリアの働きが弱まりATPが不足すると病気や老化が起こります。死も近づきます

逆に言えば、ミトコンドリアを増やして、元気にしてあげれば、ATPエネルギーも増え健康若々しさ長寿に向かえるのです

ミトコンドリアは健康のカギどころか、生命を守るための一番大切なカギと言って過言ではありません。

ミトコンドリアを喜ばせる

  • 酸素をしっかり取り入れる。酸素をエネルギーに変換して活動しているので、酸素不足が苦手です。ヨーガや呼吸法、ウォーキング などの有酸素運動がおすすめです。
  • 日光を浴びる。ミトコンドリアは太陽が大好き。日光浴をするとミトコンドリアは活性化するので、紫外線が強くなる前の、朝陽を浴びるのがおすすめです。朝の新鮮な酸素を吸って、日光を浴びると、ミトコンドリアの遺伝子のスイッチがオンになって、体内時計もリセットでき生活リズムも整います。
  • ビタミンやミネラルをしっかり取る。とくにビタミンB群やカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、鉄など代謝を良くする栄養をきちんと摂りましょう。
  • 身体を温める。体温を調整しているのもミトコンドリアです。 ミトコンドリアは、もともとは細菌の仲間なので、温かいところが好きです。 温めるとミトコンドリアの生産性も上がり数も増えます。軽い運動や入浴で体を温めましょう。温泉や陶板浴もおすすめです。

ミトコンドリアが嫌いなこと

  • 冷たい食べ物と飲み物。冷たい食べ物をとると腸の温度がいっきに下がります。
  • 睡眠不足。 身体を動かすエネルギーをつくってくれているミトコンドリアは、基本的に24時間ずっとはたらき詰めです。夜はしっかり休んで、負担を減らしてあげましょう。昼間20分ほど横になって休むのも、ミトコンドリアにとってとてもいいそうです。
  • 大食、早食い。代謝量を超える過度の栄養はミトコンドリアの負担になります。とくに就寝中は ATP生産能力は低いので、 寝る前の重い食事や飲酒は負担が大きいです。
  • 体を冷やすこと。エアコン、薄着、喫煙。
  • 体温を作り出しているのは、ミトコンドリアなので36,5度以下の体温の人はミトコンドリアの機能がかなり落ちていると見ていいでしょう。肩や首、腰などがこっている人も要注意です。「こり」とは細胞内のミトコンドリアが機能不全になっている状態です。

自分の体内のミトコンドリアが活性化しているかどうか、わかる方法


日々幸福感に満たされ、仕事が楽しければ、「ミトコンドリアと共に生きる」という状態なのです。なぜならそれは脳が最高の状態にあることを示しているからです。脳は最もエネルギーを消費する組織であり、体のなかでもっともミトコンドリアの機能の影響を強く受けるのは脳です。
 生物が持つ24時間周期のリズムを「概日周期」(あるいは体内時計)といい、通常、体内では朝から夜へ向かう時間軸に沿って、朝はセロトニンが多く、夜はメラトニンが多く分泌されています。メラトニンは睡眠物質で、セロトニンは幸福物質。その分泌量のバランスが睡眠と覚醒のリズムを司っているのです。この概日周期に従って脳と体が働くことは脳のミトコンドリアの働きぶりによって決まるのです。
 セロトニンがきちんと分泌されて脳の働きが正常であれば、午後の2〜3時くらいまでは幸福感に満たされていて仕事もはかどるのが普通の状態。ですから午前中に頭がよくまわらないという人は、セロトニン経路が充分に働いていない。すなわちミトコンドリアが活性化していないということになりますまた、セロトニンが減るとうつ病になりやすいので、落ち込みやすい人も要注意です。自分の気分で、ミトコンドリアの状態もわかるというわけです。

引用元 東京工科大学ウェブサイト内、トピックス
「ミトコンドリアを活性化する成分を探索し、 長寿のメカニズムを解き明かしたい!」
応用生物学部 佐藤拓己 教授
より。

日々の幸福感がミトコンドリアとつながっている・・・。こう考えるとミトコンドリアを身近に感じることができます。

「ミトコンドリアと共に生きる。」って、心強い相棒を得た気分です。目には見えないけれど、共に生きる存在として、思いやりを持って自分の身体を大切にしようと思います。(冷えたビールをぐびぐび飲むのはやめます、、、)


築地の女性専門整体院健生の詳細、ご予約はホームページでお願いします

還元陶板浴

身体も心も元気になる還元陶板浴

先日、江戸川区瑞江にある還元陶板浴八三郎に行ってきました。1年ほど前から月に1~2回通っていますが、本当にすばらしいです。

なにより気持ちの良い温かさです。浴室内は42度くらいで、バスタオルを敷いた陶板の体感温度も熱めのお風呂(43度)ぐらいで気持ちいいです。高温高湿度のサウナのような息苦しさはないです。

あおむけに寝てすぐに身体の疲れ(コリ、乳酸)が抜けるような感じで疲れが取れます。そのあと、胃腸がぐるぐる活発に動き出します。が、お腹を壊した時のような痛みや苦しさはありません。腸内細菌が喜んでいる感じです。汗もたっぷり出てスッキリ爽快です。もちろん身体もぽかぽかです。

一回30~40分も入ったら十分なのかもしれませんが、特に重い病気もなく体力がある方は数時間、時間を空けてもう一度入るのがおすすめです。わたしもいつも3時間ほど休憩室でご飯を食べたり、本を読んだりストレッチをしたりして、その後2回目の入浴をします。

2回目は精神的な疲れが取れる気がします。入浴するとまもなく身体の力が抜けて全身が沈み込むようなかんじになり、スーッと眠りに入り、短いときは5分ほど、長くても20分ほどでパッと目が覚めます。そのあと10分ほどは深いリラックス状態で心の疲れが抜けて本当に心地いいです。なぜか1回目の入浴では眠れません。

翌日のお肌の状態もとてもいいです。

還元陶板浴について、わかりやすく説明しているサイトから抜粋してみます。

● 還元陶板浴とは

還元陶板浴とは、還元作用を促す特殊酵素「エコパラダイス溶液」を全面に施工した空間でゆったりと寝ていただくことで、
「免疫力の向上・自然治癒力のアップ・自律神経の正常化」
等に役立てることができる温浴施設です。

「室温42℃前後、湿度30%未満、陶板温度49℃前後」
とお風呂のようなやわらかな温度と呼吸のしやすい空気環境で、
お子様からお年寄りまで無理なくご入浴いただけます。

● 不調の原因を取り除いて元気に

人間の免疫力を低下させ病気を引き起こす原因として、「活性酸素」が増えすぎる事が挙げられます。
生活習慣病のほとんどがこの活性酸素により引き起こされるとも言われており、細胞内にこの活性酸素が増えると人間の体は酸化が進み、老化や免疫力の低下の原因となります。

この活性酸素を除去するために開発された特殊酵素「エコパラダイス溶液」を浴室の床やタイルなど室内全体に特殊加工することで生まれたのが、「還元陶板浴」です。

● 体のすみずみまで温めます

エコパラダイス(抗酸化)処理された陶板による温熱効果は体のすみずみにまで及び、最も代謝が盛んな肝臓をも温めることができます。
体全体を均一に温めることによって自律神経・免疫力・ホルモンバランスの働きを正常にする効果が期待できます。

● 善玉菌が活性化する環境

エコパラダイス溶液を全面に施工した空間では、大量に電子が放出されます。
そのため、静電気を帯びた環境で繁殖する腐敗菌(悪玉菌)は抑制され、電子に吸い寄せられる発酵菌(善玉菌)が活性化する環境となります。
ひとのからだにやさしい、善玉菌優位の酒蔵のような環境です。


還元陶板浴が健康回復につながる理由

豊富な電子を放出する空気環境と特殊陶板からの温熱により、
「免疫力の向上・自然治癒力のアップ・自律神経の正常化」
に繋がります。

● 良質な空気環境

善玉菌がたっぷりの良質でからだにやさしい空気環境。
雑菌やウィルス類の繁殖も抑えられるので、衛生的です。

● 自律神経の正常化

室温42℃前後、湿度30%未満、電子の力で水分子も小さく
なっているので自然な深呼吸が可能です。
良質な酸素が大量に肺に供給され、心身がリラックスする
ことにより自律神経のバランスが整います。

● 血流の向上と血圧の正常化

背骨を温める事で血液の形成を促します。また、豊富な電子により赤血球の弾力性が高まり、血流の向上と血圧の正常化が図られます。
また、腸内細菌の善玉菌化を促進し免疫力を向上させます。

● 老廃物の代謝と温かさの持続

発汗により、体内に蓄積された化学物質や老廃物を代謝します。
汗をかいても入浴後は毛穴が閉まり、直ぐに汗が引きますが身体はポカポカしています。
これは、還元陶板浴での熱が還元熱で身体に必要な熱だからです。
(サウナ等の熱は、酸化熱であり身体に必要の無い熱です。)

● ヒートショックプロテインの合成
陶板からの熱が体表や筋肉層を通過し、骨や血液を温めます。それにより細胞を保護するタンパク質であるヒートショックプロテインの合成が行われ、壊れた細胞は修復、損傷がひどく修復ができない細胞は排出へと導かれ、臓器の機能改善や向上に繋がります。ヒートショックプロテインには、抗炎症や美顔作用、抗ガン作用を引き出すものがあります。


還元陶板浴で期待できる効果

美肌・若返り / 疲労回復 / 腰痛・肩こりの軽減 / 化学物質過敏症 /シックハウス症候群の改善 / アトピー・アレルギー細菌性皮膚炎 / 病原性化膿症 /
内蔵機能の回復 / 冷え性による婦人科系の病気 / 血流促進の為の体質改善 /自律神経障害・うつ病 / その他活性酸素が原因の病気改善 等

※還元陶板浴施設は医療行為によるものではございません。

タカトーホーム「還元陶板浴和のもり」サイトより

とにかく還元陶板浴には、体内のミトコンドリアが大喜びするすごい要素がたくさんあります。ミトコンドリアが元気になれば自然治癒力もアップすること間違いないです!

難病の方に奇跡も起きてるらしいです。

こちらから全国の店舗をみつけてお近くの方は体験してみてください。

ちなみに、わたしはこのエコパラダイス溶液を練りこんで作られた抗菌バケツ「エコパラダイスペール」で味噌づくりもしました。


築地の女性専門整体院健生の詳細、ご予約はホームページでお願いします