保存食作り~梅干し~

梅干しが身体にいいので、安心なものを手に入れたいと思い、数年前に初めて梅と塩だけで梅干しを作りました。うまく作れましたが、本物の梅干しは容赦なくすっぱくて、結局あまり食べられず、、、。冷蔵庫で大事に保存中です。

母は毎年、梅と塩だけでなく酢と砂糖を加えて梅を漬けるのですが、それはそんなに酸っぱくなくてとても食べやすいので、いつもおすそわけしてもらっていました。

そこで、今年はわたしも酢と砂糖も加えた食べやすい梅干しを作ることにしました。

梅1キロに対し、塩100g、砂糖100g、たぶん酢200mlぐらい(メモするのを忘れました泣)で、ジップロックでお手軽に作ってみました。

これだと、梅酢も酸っぱすぎず、水で薄めてスポーツドリンク代わりに飲めば、塩分、糖分、クエン酸が補給できるので熱中症予防にも効果的だと思います。

10日後ぐらいに赤紫蘇を追加しました。

塩もみした赤紫蘇投入
紫蘇追加後10日後

赤紫蘇には着色の意味もありますが、解毒作用、殺菌作用があり梅に加えることでさらに最強の健康食品になるそうです。

梅干しの効能としては、ピロリ菌の抑制作用、がん予防、抗菌作用、抗炎症作用、抗酸化作用、歯周病菌の抑制効果などがあり、免疫機能も強化してくれるそうです。

さすが、日本の伝統食は最強です!食べないともったいないと思います。ぜひ毎日一個の梅干しで健康に暮らしたいですね。

保存食づくり~にんにく~

時間が沢山あるのでどんどん保存食作っています(笑)にんにく、大袋で購入しました。

保存食は3種類作りました。

①酢漬け。皮付きのにんにくに純米酢と黒酢をかぶるくらい入れて、塩も一つまみ加えます。このまま半年ほど漬け込みます。(写真右)

②にんにく醤油。薄皮をむいたにんにくに醤油を加えるだけです。(写真中央)

③にんにくオイル(オリーブオイル)。みじん切りのにんにくにオリーブオイルを加えるだけです。(写真左)

醤油とオイルは数日後からいろいろな料理に幅広く使えます。当然ながら、香りがとても良く、食欲をそそります(笑)とっても簡単でお勧めです。

にんにく味噌も作ってみようかな?


築地の女性専門整体院健生の詳細、ご予約はホームページでお願いします

ヨーガの動画紹介②

今回は座った状態での基本呼吸法についての動画です。少しずつでも、ご自分の呼吸に意識できるようになれば、いらいらした時や、疲れたとき自分をコントロールするのに役立つと思います。

動画の説明。

 この呼吸の仕方は、アーサナを行う際に必須となる呼吸となります。
 また、呼吸法の基本として、これだけでも身心をリラックスさせ、心を落ち着けてくれるのにとても効果的です。 先にアップした「呼吸の基本 四つの呼吸」は寝て行いましたが、それができれば、本来の座での呼吸法の練習になります。 寝て行ったお腹の動きの感覚を座ってもできるようにしていきます。
 また、今回は「息を出し切る」という新たな仕方が加わります。「息を出し切る」ことで、体内の気を全部新しく入れ替えることができます「深い呼吸」が入息側の「極」、「出し切る」が出息側の「極」となり、両方を深めていくことで、呼吸のダイナミック・レンジ、つまりは呼吸力がついていきます。 「静かな呼吸」、「軽い呼吸」、「深い呼吸」は同様に行ってください。そして、「各自の呼吸」が終わった後の、呼吸の充足感をしっかりと味わってください。それが、そのまま瞑想への入り口となります。

 ポイント : 呼吸法の原則として、考えないで、息の流れを感じとるようにしながら行うことが大切です。 出し切ったあとの入息は、お腹の緊張を徐々解くことで起こる自然な入息です。 特に雄弘ヨーガの呼吸では、吸う、吐くという表現は使いません。入息には意図的に入息する(入れる)場合と自然と入息する(入る)場合があるからです。出息も同様で、意図的に出息する(出す)場合と自然と出息する(出る)場合があります。 止息の場合も、意図的に止める(止める)場合と自然と止まる(止まる)場合があり、それぞれ、意味合いが異なるからです。 この辺をしっかり区別して感じて、呼吸の感性を深めてください。

基本呼吸法の場合の息の基本的順番は、入れるー出るー出すー入るー入れるとなっています。
※お腹に満たす、胸に満たすという表現をしますが、これは呼吸の感覚的な表現です。「静かな呼吸」も「深い呼吸」もすべて胸、すなわち肺に入ります。腹式とは、お腹(横隔膜)を使って肺に入息する、という意味で、同様に胸式とは、胸(胸郭の開き)を使って肺に入息するという意味です。


築地の女性専門整体院健生の詳細、ご予約はホームページでお願いします