痩せたい!きれいになりたい!

女性の永遠のテーマ

お客様から、「腱筋療法でずいぶん楽になったけど、このお腹をもうちょっとどうにかしたい。」「健康的にやせてまたオシャレな服を着たい。」「あごのたるみをすっきりさせたいし、もうちょっとお肌に透明感がほしい。」という声を聞くことがちらほらあります。これってとてもいい傾向なんです。身体に痛みがあったり、つらいときはとにかくそれを何とかしたいという気持ちが強く、お肌や体型まで気が回りません。

痛みも取れて元気になってくると、女性はやっぱり美容が気になるみたいです。 痩せたい、きれいになりたい、という気持ちはほとんどの女性が持っている永遠のテーマですね。

食事で痩せる

私も美容目的ではなかったですが、適正体重を6,5kgほどオーバーして体調も良くなかったとき、さすがにちょっと痩せようと考えました。私の場合食事に気を付けることで自然にやせました。食べる量は変わらずたくさん食べて、お酒も飲んでいましたが、小麦粉の主食をやめました。とくに麺類が好きで昼食はほぼ麺を食べていましたが、それをすぱっとやめたら、2か月ほどで4,5kgやせて、体調、特におなかの調子が良くなりました。

これはすごい!やっぱり食べ物は大事だなと、それからもっと食について勉強して、皆様にもお伝えするようになりました。

食事だけでは痩せにくい場合もある

いろいろ甘いものや、好物の誘惑などはありつつ、みなさん良い方向に向かっていたのですが、なかに、とても熱心に身体に良い食事を実行しているにもかかわらず、とても代謝が悪いのか、痩せにくい方がいました。

ストイックにがんばっても成果が出ないときは、そのやりかたがその人に合っていないということだと思います。

そこで、わたしとしては、数年実践してとても効果を感じているヨーガを自信を持ってすすめてみました。ところが、その方は、関節がとてもやわらかくて、筋が伸びて気持ちいいとか、ストレッチの効果をほとんど感じられないということでした。

食事療法も、運動もあまり効果が出ない・・・。別の方法はないかなと、探していました。

そんなときに、毒素は脂肪にたまりやすいということを耳にしました。

食事や運動に頼らず解毒力をアップする・・・、手技で体にさわるという当院のやりかたには、外(皮膚)からアプローチするのが適しているのかもと、いろいろアンテナを張っているときに、おなかや、お顔やその他気になる所にハーブを浸透させるデトックスを見つけました。外から中にアプローチする。これなら、腱筋療法と相反しないで、むしろ相乗効果も期待できるのではないかと思い、新しくメニューに加えることにしました。

身体が持っている自然治癒力に寄りそう。

筋肉や関節がつらい方への対応も、痩せたくても痩せられない方への対応も、方向性は一緒です。

たとえば、膝が痛いという方に「運動不足だから歩きなさい」、五十肩で痛くて腕が上がらない方に「肩関節が固まっているから、良く腕を回してストレッチしてください。」などとアドバイスしたらナンセンスですし危険です。

同じように、脂肪が毒素を包み込んで、身体を毒素から守っているから痩せられないのかもしれないのに、安易に痩せろとか、もっと食事制限しろとか、運動しろというのは、ナンセンスですし、危険なことだなあと思うようになりました。

施術で触ることで痛みを取ったり、関節の動きをよくする手助けをしてあげるように、ハーブのクリームを肌から貼ったり、ぬったりしてちょっと外から手助けしてあげる、ハーブの力をお借りすることで、毒素排出を促してあげるのはとても理にかなっているように感じます。

どちらも身体が持っている自然に治ろうとする力によりそってあげるのです。

近日中にデトックスコースのキャンペーンのお知らせをします。お楽しみに!


築地の女性専門整体院健生の詳細、ご予約はホームページでお願いします