HOME > 症例・施術例 > 股関節痛

股関節痛

 股関節痛の原因は、ひとつは、股関節の入りがあまくグラグラして亜脱臼状態であることが考えられます。

股関節の周りの筋肉がうまく使えていないため萎えてしまっているのです。この場合あお向けに寝たとき、つま先が外側に倒れペタンと床についてしまいます。

 例えば、もし片足が亜脱臼になってそれを放置していると、その足はじょじょに萎えて細くなっていき、逆にもう一方の足は負担がかかりがちがちに太くなって、左右の脚の太さが異なってしまうこともあります。

 こういう状態になると股関節に痛みが出る場合はもちろんですが、それをかばっている膝や、腰や、そけい部など別の場所に痛みが出てしまうことも多くなってしまいます。

 その場合対処法は、亜脱臼して弱っている股関節周辺の筋肉はしっかりさせ、逆に負担がかかっていた膝やそけい部の筋肉はゆるめて、足全体の筋肉バランスを整えてあげることです。

 

 股関節痛のもうひとつの原因としては、股関節の筋肉ががちがちに固く開脚したり動かすのがつらい場合もあります。

こういう場合は、とにかく筋肉をしっかりゆるめて股関節の可動域を広げてスムーズに動けるようにしてあげます。

整体治療院 腱・筋療法 健生 03-5565-1225 整体治療院 腱・筋療法 健生
03-5565-1225

東京都中央区築地7丁目。

築地駅より徒歩7分

勝どき駅より徒歩10分

治療院のご案内

診療時間 10:00〜19:30

(日曜 10:00〜17:00)

休診日 月曜、祝日

※完全予約制/女性専門


このページの先頭へ戻る