腰痛

 腰痛の方は仰向けに寝た時に腰が床にきちんとつかず、ういてしまったり、左右の脚の長さが違う、などの状態が見られます。

これは骨盤の位置がずれているからです。

 

 対処法としては、仙骨、そけい部、股関節、お腹の筋肉など、骨盤周辺の筋肉と、さらに膝の周りもゆるめてから骨盤を矯正して整えます。

 腰痛の場合、特に仙骨とそけい部をしっかりほぐすことが重要だと思います。

 

 仙骨は腰の下にある逆三角形▽の形をした骨ですが、この▽の三辺のへばりつきをしっかりはがせば、腰も股関節もゆるみやすくなりますし、坐骨神経痛にも有効です。

 また、仙骨とそけい部がゆるめば下半身だけでなく上半身もゆるみやすくなるので、めまいや肩こりや背中痛などの場合にも必ず加えておきたい重要な施術ポイントだと思います。

 

〈腰痛の施術例〉

   そけい部への施術。

 腸骨にそって施術、わき腹をゆるめる。

 仙骨やおしりや腰への施術。

 

 股関節や仙骨周辺や坐骨周辺への施術、太ももの外側の筋肉をゆるめる。

 膝の裏への施術。膝の裏が縮んでいると、腰も伸びてくれません。

 腰椎周辺への施術。

 腰椎が詰まっている方は腰椎だけでなく、背骨全体、背中全体が詰まっている状態なので, 肩甲骨周辺や背骨沿いもゆるめて、背骨全体を伸ばしてあげる必要があります。

  骨盤を整える。

上記のような施術を中心に、患者様の状態や筋肉の状態を見ながら、必要なところを必要な時間治療します。

 

整体治療院 腱・筋療法 健生 03-5565-1225 整体治療院 腱・筋療法 健生
03-5565-1225

東京都中央区築地7丁目。

築地駅より徒歩7分

勝どき駅より徒歩10分

治療院のご案内

診療時間 10:00〜19:30

(日曜 10:00〜17:00)

休診日 月曜、祝日

※完全予約制/女性専門


このページの先頭へ戻る